ごあいさつ

 ブラインドゴルフ(視覚障害者によるゴルフ)は、1924年、アメリカで始まりました。そして、第二次世界大戦以降、失明した傷痍軍人のメンタリティーの回復を促すというところから発展していきました。

 特別なルールを必要とせず、健常者と同じ環境で行えるということから、ゴルフを通じて視覚障害者が自信を回復し、さらに自らの可能性を見出して心豊かな世界が広がっていくのです。これは、国内外の多くのブラインドゴルファーによって実証されています。

 障害者の自己実現のお手伝いをする真の福祉活動を目指し、1988年、半田晴久名誉会長によって、日本で初めてのブラインドゴルフクラブが設立されました。これが、日本ブラインドゴルフ振興協会(JBGA)の前身であります。当協会では、ブラインドゴルフの国際大会でも数多くの上位入賞者を輩出し、ハンディや言葉の障害の壁を越えた、感動のドラマを生み出してきました。

 また、全世界のブラインドゴルファーやブラインドゴルフ協会に積極的に呼びかけ、5カ国参加の「世界ブラインドゴルフ協会(IBGA)」設立の基を作りました。長年にわたるブラインドゴルフの世界的普及活動への貢献により、半田晴久名誉会長は、「世界ブラインドゴルフ協会」の総裁に満場一致で推挙され、現在に及んでいます。

特定非営利活動法人(NPO法人)
日本ブラインドゴルフ振興協会