世界ブラインドゴルフ協会 International Blind Golf Association (IBGA)

ph
ph

 ゴルフは老若男女、身体的障がいの有無に関わらず、誰でもプレーできるスポーツです。視力が良くなければゴルフはできないと多くの人が考えますが、そうではありません。全盲や視覚障がい者のゴルファーも、コーチまたはガイドと呼ばれる人の助けを借りて、ゴルフを通して運動や友情がエンジョイできます。しかしやはり一番はナイスショットを打つことを楽しむことができるのです。ブラインドゴルファー同士の試合や、ハンディキャップシステムを用いての睛眼者との試合にも挑むことができます。

 盲人がゴルフをしたという最初の記録は1924年のミネソタ州ダルースにさかのぼります。クリント・ラッセルは事故で視力を失いましたが、その後もゴルフを続けました。1930年には、18ホールで84という彼のスコアが記録されています。1950年代初めには他の盲人たちもプレーをし、カナダとアメリカでブラインドゴルフ協会が設立されました。その後、1980年代には、英国や日本、オーストラリアで協会が立ちあがりました。1998年には、世界オープンのブラインドゴルフイベントを運営、認可、後援するために世界ブラインドゴルフ協会(IBGA)が設立されました。1998年までは各国の協会が定期的にオープン選手権大会を開き、その度に日本人実業家である半田晴久博士から、充実した資金提供を受けてきました。半田氏はオーストラリアで盲人ゴルファーとプレーをした際に感銘を受けて関わるようになりました。

 半田氏は、彼自身が支援金申請に対応する代わりに、すべての協会を代表する団体に任せられればと考えました。1997年、6カ国の代表が西オーストラリアのパースで会合を開き、そのような団体のための定款とハンディキャップシステムを作成しました。翌年の1998年、アメリカのフロリダ州で開催された世界ブラインドゴルフ選手権においてそれらが承認されて、世界ブラインドゴルフ協会が誕生しました。

 世界ブラインドゴルフ協会(IBGA)の半田総裁は、IBGAを通じて世界中の大会を支援しています。毎年6~7回の国内大会があり、さらに2年おきに、ブラインドゴルフ世界選手権大会が行われています。前回は、2014年にオーストラリアで開催。2016年大会は、日本で行われます。

 現在、IBGAには16カ国のゴルフ協会が加盟しており、400名以上のブラインドゴルファーが登録されています。また、2カ国が準加盟国として参加しています。IBGAは、ブラインドゴルファーのさらなる増加を願っています。そして、障がい者ゴルフのパラリンピック競技入りを目指す取り組みにも参加しています。